病棟勤務看護師は毎日忙しないのです

忙しい病棟看護師の一日の基本的な流れ

私が病棟看護師をしていたときの基本的な一日の流れをご紹介します。

朝出勤すると、その日担当する患者様の情報収集をします。 夜勤看護師から簡単に申し送りを受けて「処置」や「点滴」の準備をします。 「医師の回診介助」や「清拭」をしてから電子カルテを持って朝の検温にまわり患者様のケアをします。

「検査」や「手術」の患者様を担当している場合は時間の合間をみながら手術室や検査室への搬入をします。 その間にも入院予定の患者様が来られたら入院の準備をこなします。 ナースコールが鳴れば、すぐに病室に駆けつけて対応しなければなりません。

医師からの指示にも的確に迅速に対応しなければなりません。 とにもかくにも朝はどこの病棟も相当バタバタした状況になっています。 お昼の休憩は個人個人の業務を考慮しつつ前半と後半の2グループに分かれてとりますが、お昼もバタバタします。 内服薬を配ったり食事の介助がありますし食事ができない患者様のPEG食(胃瘻食)を注入したり点滴の更新をしたりします。

また予想できないナースコールの対応や医師からの指示受けなど……自分の担当外の患者様にも配慮しながら対応します。 分からない場合は担当看護師に確認しながらの対応になります。

お昼休憩が終わると電子カルテの入力・午後の巡回をし患者様に異常がないかどうかのチェックをします。 またお肌がかぶれたり寝ダコの原因になるので2時間から3時間おきに「体位変換」や「おむつ交換」があります。 翌日の点滴の仕わけや備品や薬にチェックをして夜勤看護師に簡単な申し送りをして一日が終わります。

医療はチームでの協力が不可欠で決してひとりではこなせません。 私が勤務している病院では各チームにチームリーダーがいます。 チームリーダーはそのチームの補助を行うので担当する患者様は少なめになります。

自分が当日担当する患者様だけのことを理解しているだけでは不測の事態に対応できません。 気になる点があれば朝の申し送りの際に発表します。 新人の頃は夜勤看護師から、その日受け持つ患者様全員の申し送りがありました。

けれども今は重篤な患者様や手術後の患者様だけ簡単な申し送りをして、できるだけ時間をかけないように工夫しています。

共有しなければならない情報や気になる点は電子カルテの<伝言メモ>に記載するルールになっています。 それでも分からない場合は、日勤看護師が夜勤看護師に質問するようにします。 申し送りの時間が短縮した分はカンファレンスを実施して対応しています。

以上、私が病棟看護師をしていたときの基本的な一日の流れをご紹介しました。

↑ PAGE TOP