美容外科看護師に求められるスキルについてご存知ですか?

美容外科に看護師が転職に成功する3つの秘訣



美容外科は医療レーザー脱毛・シワやたるみを改善するヒアルロン酸注射・二重手術・豊胸手術などを行う病院です。 患者様は美意識が高い女性が中心です。
准看護師と正看護師の違いって何?

二十歳代や三十歳代の看護師が美容外科に転職を希望するケースも多いといわれてます。 ここでは、美容外科に看護師が転職に成功する3つの秘訣についてご紹介しましょう。

1番目は、一般の病院に来る患者様と美容外科に来る患者様を理解することでしょう。 一般病院で体調が悪かったり病気で具合が悪い人や怪我をした人が治療に訪れます。 健康な身体に治療してもらうのが理由です。

けれども美容外科に来るのは今よりも若返りたい・美しくなりたい・綺麗になりたい――美容目的の理由です。

お客様が希望する理想像をキチンと聞き入れて希望に近づけるようにサポートするのが看護師の大切な役割です。コミュニケーションをしっかりととって楽しめる余裕が欲しいところでしょう。

2番目は、自分がこれまでに経験したスキルを上手にアピールできるかどうかです。 美容外科でも活用できる看護師のスキルは広範囲にわたります。 注射や点滴のスキルは必須であったりしますから、こういった点をしっかりと訴求することが大切です。

オペ室看護師の経験があれば直接介助や間接介助の面で貴重な人材になります。 スキルがなかっても転職したあとに勉強する意欲やスタンスがあることを伝えれば問題ないです。 大抵の美容外科では入職してから1カ月から3カ月は研究期間になっています。 その時期にしっかりと身につけてスキルを磨けば大丈夫です。

3番目は、規則正しい生活が送れることです。 大規模病院の場合は二交代制や三交代制で24時間体勢での勤務になります。 患者様の容態が急変したり急患になることが美容外科ではありません。

基本的に美容外科では夜勤がないと思っていいです。 朝10時から夜19時までの営業時間が大分部です。 小さいお子さまがいるママさんナースや夜勤で体調を崩した看護師にとって美容外科は規則正しい生活を送れます。

以上、美容外科に看護師が転職に成功する3つの秘訣についてご紹介しました。 収入面でも看護師経験が2年ほどあれば月給で35万円から40万円程度です。 他の診療科目よりも高い収入になるでしょう。

ロケーションも繁華街に立地しているケースが多いので勤務が終わったあとのナイトライフも楽しめそうです。 しかし年齢で四十歳代をすぎると転職のハードルは高いでしょう。 美容という仕事内容からは、どうしても二十歳代や三十歳代の看護師が優先的に採用されるからです。

看護師:結婚後、家庭を優先しながら働くには‥

一昔前は、結婚したら女性は家庭に入るのが当たり前で、多くの女性が「寿退社」をしていました。ですが、現代では、寿退社は逆に珍しく、結婚しても仕事を続ける女性の方が圧倒的に多くなっているようです。

しかし、一般のOLと違い、看護師の場合は独身時代と同じような仕事をしていたら、仕事と家庭の両立はかなり厳しいものになってきます。

日勤のみの仕事に従事してきた看護師は別ですが、夜勤を伴う仕事をしていた看護師は、結婚してから夜勤もあるとなると、ご主人の理解や協力なしでは仕事を続けるのは困難でしょう。 ましてや、これから出産や子育てが控えているとなると、一層、職場環境は考えなくてなりません。

結婚してもキャリアアップ重視の方は別ですが、家庭を優先させたい方は、夜勤のない職場への転職を視野に入れてみてはいかがでしょうか。

例えば、入院施設を持たないクリニックでしたら当然夜勤はありませんし、勤務時間は朝9時~夕方6時までのところが多いので、企業のOLと何ら変わりはありません。普通に出勤して、夕方は夕食の買い物をすませて帰宅する毎日が送れます。これだったら、結婚しても看護師の仕事は続けられますよね。

他にも、正社員にこだわらなければ、パートで看護師をするのも悪くはありません。特に、ご主人が転勤族の場合は、パート看護師として働く方が働きやすいでしょう。

看護師の場合、時給も一般のパートに比べて割高で、1,500円が相場のようです。中には、2,000円以上の時給を提示している求人もみられます。ですから、パート看護師でも充分に収入は得ることができるでしょう。

又、労働時間が正社員の4分の3を満たすならば社会保険への加入も可能です。交通費を支給してくれる職場も多く、中には寸志としてボーナスを出してくれる職場もあります。 業務内容も正社員と変わらないので、パート看護師でもやりがいは感じることはできるでしょう。

但し、先々、勤務形態の変更が必要になってくる場合も想定して、その辺りも臨機応変に対応してくれるか面接時に確認しておくことは忘れないようにしましょう。

託児所がある職場で働く

妊娠をきっかけに職場を離れてしまう方も多いですが、ある程度子どもが成長したあとは職場復帰を考える方もたくさんいます。

看護師の資格を取得するのは大変なことなので、せっかく取得した資格を無駄にしないためにも子育て中でも働きやすい職場を探すといいですね。

仕事をする際に子どもを保育所に預けて働こうと思っている方も多いかと思いますが、近年は待機児童の問題が騒がれています。そのため、働きたくても働けない人がたくさんいるのです。

子育てをしながら働きたいという方は、託児所が用意されている職場を探すといいでしょう。 病院の中には託児所を完備しているところがあり、そういったところでは24時間子どもを預けることができるのです。

看護師の仕事で高収入を得るためには夜勤手当が受け取れるシフトが望ましいわけですが、24時間預けられる保育所があれば夜勤も担当することができます。

ただ、こういった理想的な環境を用意してくれている病院は確かに増えているものの、全体的な数は少ないというのが現状です。

ある程度範囲を広げて求人を探さないと託児所ありの病院が見つからない可能性もあるので、希望範囲を広げて仕事を探してみてはどうでしょうか。

また、転職支援サイトに相談をするというのもおすすめの方法です。 自分で情報を集めるよりも転職支援サイトでコンサルタントに相談をしたほうがより正確な情報を集められます。

できるだけ取り扱っている求人の数が多いところを選択したほうが託児所ありの求人情報が見つかる可能性が高くなるでしょう。こういった求人情報は非常に人気があり、応募が遅れてしまうとすぐに定員に達してしまうことが考えられます。

そこで、転職支援サイトに登録をしたら託児所ありの求人が出た際に電話やメールですぐに連絡が欲しいと伝えておくといいですね。そうすればいち早く応募をすることができるので、いつ連絡がきてもいいように履歴書や面接の準備をしておきましょう。

電子カルテのある職場で働く

病院内での詳しい仕事内容は、実際に勤務を始めてみなければわからないことが多いですよね。 近年は電子カルテを取り扱う病院も増えていますが、こういったところで働きたいと思っている方も多いのではないでしょうか。

ですが、実際に働き始めてみたら紙のカルテだったというケースもあるかもしれません。 こういった事態を防ぐ方法はいくつかあるのですが、まず、電子カルテを取り扱っている看護師の友人に紹介してもらうという方法もおすすめです。

友人の紹介ということもあり、就職がスムーズに決まりやすいというメリットもあります。 それに、確実に電子カルテであるということを確認したうえで応募することができるのも嬉しい点です。

友人に聞いてみたものの電子カルテのある病院で働いている人が見つからなかったということであれば、転職支援サイトを使うのはどうでしょうか。転職支援サイトでは様々な条件を指定して求人を絞り込むことができるので、自分の理想に合った職場が見つかりやすくなります。

ただ、電子カルテの有無で条件が指定できないところもあるので、そういった場合はこういったことに精通しているコンサルタントがいる転職支援サイトを選びたいところです。

コンサルタントによって持っている情報量は違いますが、電子カルテであるかそうでないか確認してもコンサルタントもわからないケースは珍しくありません。

複数の転職支援サイトに登録することによってカルテに詳しいコンサルタントを見つけることができるはずなので、気になる転職支援サイトには片っ端から登録するというのもいいでしょう。

それから、転職支援サイトのほうで求人元に電子カルテであるかどうか確認してくれるところもあります。自分で直接問い合わせをすると面倒な人だと思われてしまうこともあるかもしれませんが、質問を代行してもらえれば安心ですよね。

近年は電子カルテを取り扱っている病院が増えてきているので、探すのはそれほど難しくないようです。

↑ PAGE TOP